マミー会が楽しくなる?宅飲みに使える素晴らしいカップ酒

カップ酒の考え方といえば安酒や中年がイマジネーションされますが、最近ではカップの企画や詳細にこだわった製品が発売されていて、呑みきった先には内側にも使えるファッショナブルカップ酒があるんです。

たとえば、志太泉の「にゃんかっぷ」イラストレーターのCHISA氏が企画した猫がかわいいカップ酒だ。見た目は内側店頭で置いてそうな考え方。飲みほしたあとはグラスとして使えます。気になる詳細は焼酎数が16~17たびの精米歩合50百分率のお酒。酒米国山田錦完全の純米国吟醸だ。

再び夫人メンタリティをくすぐるカップ酒は高砂酒造の「ずZOOっと旭山」旭山アニマル園了承で山・海・森のブームアニマルがデザインされたかわいらしい純米国カップ酒3雑誌調節だ。詳細も北海道産のお米国で造った純米国酒になっています。

いつかも北海道原産のお酒で旭川・砂酒造の「麹で作り上げる吟醸甘酒」愛くるしい絵画は故郷、旭川在住のデザイナー、アベミチコ氏が計画企画。詳細は2日間かけて完成する手造りの甘酒で、砂糖や水あめを使わない米国本来の旨みが特色みたいです。砂糖をトータル加えないというのが体躯に暖かいですね。

スタイリッシュな企画でカップ酒というのを捉え終わらす大嶺酒造の「Ohmine Junmai」詳細は山口県内産の最高級酒米国山田錦。用意水には和風銘水百選の弁天の湧水を使用していらっしゃる。焼酎分は14百分率という低めの工夫で呑み易く白桃の様な芳醇な香りというあま味が特徴的なカップ酒だ。黒いキャップがカップ酒の考え方をなくしていらっしゃる。

企画だけではなくテーストもこだわったカップ酒。この時期、冷えたカップ酒で面白く夫人会してみるのはいかがでしょうか。リリーホワイトって効果あるの?